保証の有無を確認

保証印鑑通販サイトならではのサービスが保証サービスです。町の印鑑屋さんに比べると割安とはいえ、印鑑はかなり高価なお買い物。特に、実印や銀行印は欠けたり摩耗したりすると、使えなくなる、という困った一面ももっています。そのため、印鑑通販サイトによっては、5~20年の保証をつけているところがあるのです。保証内容は万が一、印鑑が欠けたり、長年使っていることで摩耗して印影がはっきりしなくなった場合、無料で彫り直しをする、というもの。印面を一度削って平らにした上で、再度同じ印影で彫リ直してくれます。ただし、同じように彫ったとしても、全く同じ仕上がりにはなりません。実印を彫り直した場合は、印鑑登録をし直す必要があります。銀行印も登録しなおさなければなりません。

ただし、一生使う印鑑なので、保証があるのは安心。素材や商品によって、保証があるものとないものがあるので、購入時には、どんな保証内容なのかも含めて、確認しておくことをおすすめします。当然、彫り直しを依頼する場合は保証書が必要になるので、保証書もなくさないように保管しておきましょう。

印鑑通販サイトを利用して印鑑を作るのは、メリットの多い方法です。安心して使える印鑑を購入するためにも、ポイントを抑えてしっかり確認した上で、購入しましょう。

保証の有無を確認

印影も事前に確認

印影印鑑通販では、できあがった印鑑の印影を、事前に確認させてくれる事前確認サービスがあります。即日発送を依頼した場合は確認ができないこともありますが、文字がイメージとあっているか、サイズ感は想定と異なっていないか、などが確認できます。文字が違っていた、配置やフォントが思ったものと違っていた、という場合などは変更ができます。特に、認印で変わったフォントを選んでしまったけれど、印影として見るとあまりよくなかった、というような場合も変更ができることがあります。印鑑が届いてしまってからでは、作り直しになってしまうので、必ず事前に印影を確認しておきましょう。

選んだ素材についても、事前に情報を得ておきましょう。インターネット上には、印鑑の素材の特徴について詳しく紹介しているサイトがあります。印鑑通販サイト内にも素材の解説ページあります。色やデザインなど、見た目と価格だけで選んでしまったけれど、耐久性がなく、すぐに欠けてしまったのは、印鑑としての意味をなしません。耐久性を求めるならチタンや水牛、作り直しも大丈夫だからデザイン性を求めるなら自然石など、摩耗してもいいから安いものなら柘植やアクリル樹脂など、用途やニーズにあわせて選びましょう

次頁…保証の有無を確認

印影も事前に確認

印鑑通販の注意点

実印や銀行印、認印など、大切な印鑑を購入する際、町の印鑑屋さんではなく、印鑑通販を利用する人が多くなってきました。印鑑通販は、多くの素材が揃っている上、印影用のフォントなども、多くのバリエーションから選ぶことができます。格安なのも大きな魅力の1つ。ものによっては半額以下で印鑑を購入することができます。キャンペーンやセット割などを利用すれば、より安く手に入れられることも。条件によっては、当日発送してくれる場合もあります。

印鑑早く、安く、品質のよい印鑑を買える印鑑通販ですが、利用する際、印鑑のオリジナル性を心配する人も少なくありません。通常、印鑑は手彫りで作成されていました。職人が文字を作るところから手作業で行うため、印鑑の制作には時間がかかっていたのです。ですが、コンピューターで文字を作り、機械で自動的に彫る、機械彫りの技術が登場すると、印鑑を作る時間は大幅に短縮され、安く、早く、印鑑ができるようになりました。100円ショップで売られている、いわゆる三文判は、機械彫りで作られたものです。文字をコンピューターで作り、機械で彫るということは、同じ印影がすぐに作れる、ということ。銀行印や実印としてつかう印鑑はオリジナル性が重要なので、印鑑を機械で彫る方法で印鑑を作られるのは心配、というわけです。多くの印鑑通販では、最初に大まかな形を彫る「荒彫り」という部分を機械で行い、最後に手作業で整える「手仕上げ」を行うことで、効率性とオリジナル性を保っています。心配であれば、作り方をあらかじめ確認しておくと安心ですね。

そのほかにも、印鑑通販で気をつけておきたい点があります。このサイトでは、印鑑通販を利用する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

次頁…印影も事前に確認

印鑑通販の注意点